Achievement(2014)

Original Papers

  • Kadoya N, Fujita Y, Katsuta Y, Dobashi S, Takeda K, Kishi K, Kubozono M, Umezawa R, Sugawara T, Matsushita H, Jingu K, “Evaluation of various deformable image registration algorithms for thoracic images”, J Radiat Res, 55,175-182,2014
  • Kadoya N, “Use of deformable image registration for radiotherapy application”, J Radiol Radiat Ther, 2,1042-1048,2014
  • Onozato Y, Kadoya N, Fujita Y, Arai K, Dobashi S, Takeda K, Kishi K, Umezawa R, Matsushita H, Jingu K, “Evaluation of on-borad kV cone beam computed tomography-based dose calculation with deformable image registration using Hounsfield unit modifications”, Int J Radiat Oncol Biol Phys, 89,416-423,2014
  • Kanai T, Kadoya N, Ito K, Onozato Y, Cho SY, Kishi K, Dobashi S, Umezawa R, Matsushita H, Takeda K, Jingu K, “Evalulation of accuracy of B-spline transformation-based deformable image registration with differecent parameter settings for thoracic images”, J Radiat Res, 2014 (In press)
  • Ishikawa Y, Kadoya N, Matsushita H, Sugawara T, Kubozono M, Umezawa R, Yamamoto T, Kozumi M, Takeda K, Jingu K, “Dose-volume constraints in rectum in patients with prostate cancer after 74-Gy 3-dimensional conformal radiotherapy”, J Radiol Radiat Ther, 2, 1032-1038,2014
  • 伊藤謙吾、角谷倫之、藤田幸男、岸和馬、佐藤清和、武田賢、土橋卓、梅澤玲、久保園正樹、松下晴雄、神宮啓一、“頭頸部癌を対象とした198Au密封小線源治療の線量計算”, 臨床放射線, 59, 1219-1225, 2014
  • Y Yamamoto, Jingu K, Shirata Y, Koto M, Matsushita H,Sugawara T, Kubozono M, Umezawa R, Abe K, Kadoya N, Ishikawa Y, Kozumi M, Takahashi N, Takeda K, Takai Y, “Outcomes after stereotactic body radiotherapy for lung tumors, with emphasis on comparison of primary lung cancer and matastitic lung tumors”, BMC Cancer, 2014
  • 小森慎也、武田賢、土橋卓、角谷倫之、藤田幸男、伊藤謙吾、山本貴也、梅澤玲、松下晴雄、神宮啓一、岸和馬、佐藤清和、”頭頸部癌に対する適応放射線治療の基礎研究―頭頸部外部放射線治療期間中の頸部体積減少についてー”, 臨床放射線, 59, 2014

Domestic Conference

  • 金井貴幸、角谷倫之、木田智士、伊藤謙吾、小野里侑祐、武田賢、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、松下晴雄、神宮啓一. “4D-CT ventilation IGRT における肺機能推定の不確かさの検討”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 中島祐二朗、角谷倫之、木田智士、伊藤謙吾、金井貴幸、武田賢、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、松下晴雄、神宮啓一. “ガイド波形を用いたvisual feedbackと胸腹部2点測定式呼吸モニタリング装置による呼吸管理の精度評価”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 齋藤正英、角谷倫之、木田智士、伊藤謙吾、武田賢、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、松下晴雄、神宮啓一. “前立腺癌VMATの患者QAにおける患者線量再構成ソフトウェアの精度検証”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 土橋卓、大内久夫、武田賢、石澤儀樹、山本貴也、角谷倫之、木田智士、伊藤謙吾、小野里侑祐、佐藤清和、岸和馬、松下晴雄、神宮啓一. “肺定位照射における異なるアルゴリズム間の線量分布の比較”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 阿部良知、角谷倫之、新井一弘、千葉瑞己、武田賢、土橋卓、岸和馬、小山翔、加藤貴弘、神宮啓一. “3種類のDIRソフトウェアを用いた骨盤領域内における自動輪郭抽出の精度評価”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 菅原康晴、守屋駿佑、橘英伸、北村望、角谷倫之、神宮啓一.”肺がんにおけるDeformable image registrationのソフトウェアプログラム間比較検証”.第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 新井一弘、角谷倫之、伊藤謙吾、武田賢、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、小山翔、加藤貴弘、神宮啓一. “DIRを用いたDose-warpingによる積算線量評価の有効性の検討”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 中島祐二朗、角谷倫之、伊藤謙吾、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、武田賢、神宮啓一. “モンテカルロシミュレーションを用いた眼窩領域の電子線治療における水晶体防護物質の検討”. 第4回東北放射線医療技術学術大会. 2014.10 新潟
  • 齋藤正英、角谷倫之、木田智士、伊藤謙吾、金井貴幸、岸和馬、土橋卓、武田賢、神宮啓一. “治療計画支援ソフトウェアiVASの精度検証”. 第4回東北放射線医療技術学術大会. 2014.10 新潟
  • 中島祐二朗、角谷倫之、土橋卓、岸和馬、佐藤清和、武田賢、神宮啓一. “EGS5を用いた眼窩領域の電子線治療における水晶体防護物質の検討”. 第21回EGS研究会. 2014.8 筑波
  • 齋藤正英、角谷倫之、土橋卓、武田賢、神宮啓一. “EGS5を用いた高エネルギーX線照射時の歯科修復金属からの散乱線遮蔽物の設計”. 第21回EGS研究会. 2014.8 筑波
  • 阿部良知、角谷倫之、藤田幸男、新井一弘、千葉瑞己、武田賢、土橋卓、岸和馬、梁川功、神宮啓一. “2種類のアルゴリズムを用いた骨盤領域内の自動輪郭描出の精度評価”. 第107回日本医学物理学会学術大会. 2014.4横浜
  • Kanai T, Kadoya N, Onozato Y, Ito K, Cho SY, Takeda K, Dobashi S, Kishi K, Sato K, Jingu K. “Evaluation of 4D-CT Pulmonary Ventilation Imaging for Ventilation-guided Radiotherapy”. 第107回日本医学物理学会学術大会. 2014.4横浜
  • 千葉瑞己、角谷倫之、伊藤謙吾、新井一弘、岸和馬、佐藤清和、土橋卓、武田賢、松下晴雄、神宮啓一. “Adaptive Radiotherapyにおける最適な線量計算用CT画像の検証”. 第107回日本医学物理学会学術大会. 2014.4横浜

International Conference

  • Kadoya N, Cho SY, Kanai T, Ito K, Onozato Y, Kishi K, Dobashi S, Yamamoto T,Umezawa R, Takeda K, Jingu K,“Dosimetric impact of 4D-CT ventilation imaging-based functional treatment planning for stereotactic body radiotherapy”, 56th annual meeting of ASTRO, 2015.9. San Francisco (oral presentation)
  • Sugawara Y, Tachibana H, Moriya S, Sawant A,“A Pitfall of a Deformable Image Registration in Lung Cancer”, 56th Annual Meeting & Exhibition of AAPM, 2014.7. Austin (poster presentation)

Invited talk & Symposium

  • 角谷倫之. “治療計画最適化のためのdeformable image registrationの有効性と問題点-臨床利用することに問題はないのか-”. 第27回日本放射線腫瘍学会学術大会. 2014.12 東京
  • 角谷倫之. “外照射併用IGBTにおける積算線量評価システムの構築-中間報告と今後の方針-”. マイクロセレクトロンHDR研究会. 2014.12 東京
  • 角谷倫之. “医学物理士から見た放射線治療計画に必要な解剖学とコンツーリングの重要性”. 医学物理学ミニ講座 in 茨城県立医療大学. 2014.11 茨城
  • 角谷倫之. “VMAT治療計画の運用(Varian&Eclipse)”. 日本医学物理士会講習会. 2014.7 東京
  • 角谷倫之. “Deformable image registrationとAdaptive radiotheapy”.首都大学東京がんプロフェッショナル養成推進プラン主催臨床医学物理セミナー. 2014.3 東京
  • 角谷倫之. “Tohoku University lung imaging project: Toward 4D-CT ventilation image-guided radiotherapy”. 1st GI-CorRE Medical Science and Engineering Symposium. 2014.2 札幌
  • 角谷倫之. “市販DIRソフトウェアの臨床における有用性と問題点”.東北ラジセラ研究会. 2014.2 仙台
  • 角谷倫之. “臨床研究型医学物理士の魅力-「Made in Japan」を世界へ-”. 九州大学がんプロフェッショナル養成推進プラン医学物理セミナー. 2014.1 福岡
Division of Medical Physics, Department of Radiation Oncology, Tohoku University Graduate School of Medicine,
1-1 Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai, 980-8574, Japan MAP
Tel:+81-22-717-7433 Email: kadoya.n(at)rad.med.tohoku.ac.jp