HOME > 医局沿革

放射線科医局沿革

初代教授・古賀良彦

古賀良彦先生が昭和8年3月に九州帝国大学放射線科学教室より転任され、昭和17年1月に放射線医学講座の初代教授に就任されたのが、始まりである。古賀教授は、間接撮影法、断層撮影法の研究に打ち込んだ。間接撮影法は、その後数年を経ずして、陸海軍に浸透していき、後には結核検診、胃検診に採用され、世に多大な貢献をなした。教室員であった高橋信次先生は、その後のCTの原理となる回転横断撮影法を完成させた(後に学士院恩賜賞受賞、文化勲章受章)。

2代教授・星野文彦

2代教授は、星野文彦教授である。星野先生は、2年間米国ベスイスラエル病院に留学し、胸部X線診断の研鑽に励み、帰国後、昭和39年に2代教授となった。卓越した管理能力が買われ、長町分院の院長、東北大学病院長、医学部長を歴任した。

3代教授・坂本澄彦

3代教授は、坂本澄彦教授である。昭和56年放射線基礎医学教室の教授に就任後、昭和61年3代教授に就任した。坂本教授は、昭和41年から米国NIHや英国グレイ研究所に留学し、各粒子線によるがん治療の基礎的研究を行った。この間特にπ中間子および重イオンに関して、日本側の研究代表者として国際研究に従事し、日本における粒子線治療研究のパイオニアとして指導的役割を果たした。坂本教授は、その後、文部省がん特別研究「低線量全身照射による腫瘍制御に関する研究」の班長を務め、その成果は新聞でも取り上げられた。

4代教授・山田章吾

4代教授は山田章吾教授である。山田教授は、米国MDアンダーソン病院に留学し、放射腺腫瘍学の研究を行った。平成8年に4代教授に就任した。

大学院大学に伴う改組

東北大学が大学院大学になるに当たり、放射線医学講座は第二内科学講座とともに病態制御学講座に改組され、放射線診断を専門とする量子診断学分野、放射線治療を専門とする量子治療学分野(現在放射線診断学分野と改名)に分かれた。放射線治療科と放射線診断科は現在でも、医局会や各種行事を共に行っている。

放射線診断学分野(量子診断学) 初代教授・高橋昭喜

改組後の初代教授には平成10年に高橋昭喜教授が就任した。高橋教授は世界でも有数の神経放射線診断医であり、特に脳動脈の穿通枝の画像解剖解析の第一人者である。脳神経の画像診断分野において多数の原著論文や書籍を執筆し、日本の神経放射線診断をリードした。教科書では、「脳MRI」3分冊は詳細な画像診断書として多くの画像診断医に読まれている。

放射線診断学分野 2代教授・高瀬 圭

平成27年2月から、当教室は放射線診断学分野と名称を替え、改組後の2代教授として、高瀬圭教授が就任した。

このページトップへ