HOME > 当科の卒後教育

当科の卒後教育

臨床後期研修プログラム

図 臨床後期研修プログラムの流れ

 2017年度後期研修開始の医師から専門医取得の方法が大きく変わり、日本専門医機構の認定制度となります。放射線医学分野では、「放射線科」を基本診療領域とする「放射線科専門医」をまず目指していただきます。放射線科領域での専門医はいわば2階建てのようになっており、基本領域である「放射線科専門医」が1階部分、「放射線診断専門医」または「放射線治療専門医」が2階部分となります。
 放射線科専門医(1階部分)を目指す後期研修は、機構認定の放射線科専門研修の専攻医として、1つのプログラムを選択して応募・登録後に研修を開始することに成ります。
東北大学では「東北大学病院放射線科専門研修プログラム」を作成いたしました。日本を代表する大学の1つである本学と関連の活力ある総合病院や疾患に特色のあるセンター的病院がチームを形成して、たいへん充実したプログラムになったと考えております。東北大学病院内では、私と放射線治療科の神宮啓一教授が協力して放射線診断と治療の基本および最新の知識を教育致します。多くの専門指導医がそれぞれのサブスペシャリティーの深い知識を基に皆さんを指導致します。
 3年の上記プログラムでの研修後に「放射線科専門医」を取得していただきます。その後は、放射線診断・IVR、あるいは放射線治療のいずれかを選んで2年の規定の研修を行い、さらに専門制の高い「放射線診断専門医」または「放射線治療専門医」(2階部分)を目指すことになります。

東北大学放射線科専門研修プログラム
放射線科専門医試験に必要な、放射線診断・IVR、および放射線治療を研修

放射線診断科専門研修
放射線診断専門医試験に必要な、放射線診断・IVR・核医学を研修

大学院進学

当科は後期研修とともに大学院生となり博士号取得を目指すこともできます。当大学は大学院大学のため、多くの方が大学院生として入局しています。最近は、大学院生の海外学会発表、学会賞の受賞等、活躍が目立ちます。大学院進学(放射線診断科大学院生の生活)→

留学生からの報告

シカゴ便りvol.2 嶋内亜希子先生 (シカゴ大学放射線科)

留学生報告(過去のニュース)
ベルリン便り 大田先生  (15年10月〜16年2月)
シカゴ便り 森 菜緒子   (15年5月〜15年7月)
シカゴ便り 嶋内亜希子先生 (06年度大学院卒⇒シカゴ大学放射線科に移籍)
ボルチモア便り 松橋俊夫先生 (04年4月〜05年8月)
ヒューストン便り 小藤昌志先生 (05年1月〜06年12月)
ベルリン便り 高瀬 圭先生 (05年7月〜06年12月)

留学生からの報告はこちらから→

医局見学を希望される方へ

ホームページを見て、医局の雰囲気をみてから入局を決めたいという方のための医局見学も随時行っています。

教授からのご挨拶
放射線診断科 高瀬 圭

連絡窓口  医局秘書 勝又 恵美
( 022-717-7312 secretary*rad.med.tohoku.ac.jp )[*]を@に変えて送信お願いします。
卒後研修担当者:小黒草太(講師)、または、高瀬 圭(教授、放射線診断科科長)が対応します。

このページトップへ