保健学科田村教授

教授 田村 元

放射線科を選んだのは


大学院医学系研究科 医用物理学分野
名誉教授 田村 元

プロフィールにあるように、医学部に16年の回り道をしてから入学した私は、初め基礎医学の研究者の道を考えていたのですが、放射線科の先生方の授業を受けて、放射線科医への道を選択しました。それは、MRIと言うものがあることを知り、MRIに大きな魅力を感じたからです。非侵襲的に、体の中から様々な情報を得ることができる、しかも、まだ発展途上で、いろいろ新しい工夫ができそうだ、と。ただし、当然のことながら、医師は研究だけしていれば良いというものではありません。そこで、卒後直接大学の放射線科には入らずに、一般的な素養を身につけるために市中病院で2年間の研修をしてから放射線科に入局しました。

入局してすぐに当時最先端のMRI装置に触れることができて、ますますその魅力にとりつかれました。大学病院の診療業務は、それは大変なものなのですが、それでも、放射線科医や診療放射線技師は皆、研究も怠らず積極的に学会などで発表しています。本当に賞賛に値すると、いつも思っています。高齢になってから医師になった私は、かなりきつい思いもしましたが、周囲の援助もありMRIを用いた研究を今まで続けることができました。様々な医学の道のなかで放射線科を選んだのは正解だったと思っております。

15年目


・初期研修後循環器内科医となり、数年間一般病院の循環器内科勤務
・放射線診断科大学院入学
・途中関連病院放射線科勤務
・大学病院にて学位取得
・市中病院放射線科に1年勤務
・国立循環器病研究センター放射線診療部シニアレジデント として内地留学
・国立循環器病研究センター放射線診療部スタッフとなる

経歴


1971年 東北大学理学部天文及び地球物理学科第一卒業
1979年 東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
1989年 東北大学医学部卒業
1998年まで 東北大学医学部付属病院放射線科医員
1998年 秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部研究員
1998年 医学博士 (東北大学)
2001年 東北大学医学部付属病院放射線診断科助手
2004年 東北大学医学部保健学科教授
2008年 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻教授
2013年 3月31日 退職
2013年 4月1日  東北大学名誉教授

研究内容などについて詳細は、医用物理学分野のウエブサイト:
http://www.noninvasive.med.tohoku.ac.jp/ をご覧下さい。

このページトップへ